運動療法

当院で行う運動療法は
怪我をした部分の筋力強化だけでなく
また同じ怪我をしない為にも行います。

怪我をした部分は
受傷した部分だけが問題ではなく
その他の部分も影響を与えています。

再発させない為には
そういった面も考慮して
運動療法を行う事が大切です。

例えば野球で肩が痛くなった場合
肩だけでなく、股関節周辺の柔軟性や
バランス感覚を養うトレーニングが
必要になってきます。

このように当院では
怪我をした箇所以外にも注目して
運動療法を行っています。

>>運動療法についてはコチラ

電気療法

電気療法の効果ついては
よく患者さんに聞かれます。

中には「電気は効かない」と
言われる方もいらっしゃいます。

しかし、電気療法を行うのと
行わないのでは良くなるまでの期間は
違ってくることが多いです。

プロスポーツ選手も
電気療法を行っていますので
それだけ結果も出ると考えられます。

ただ、患部に付けるだけでは
効果は出にくいのですが
筋肉や神経など意識して付ける事で
より効果を発揮しやすくなります。

当院ではただ痛い箇所に付けるのではなく
国家資格取得者が効果的な箇所に
考えて付けています。

患者さん自身に付けてもらわないので
その点もご安心ください。

>>電気療法についてはコチラ

超音波治療

超音波治療はビリビリしない
電気療法となります。

怪我をしたばかりの急性症状から
肩こりなどの慢性症状にも
利用する治療器となります。

主に骨折の治療などには
とても効果があります。

超音波治療を毎日行うことで
骨折の期間が40%短縮されるという
データがあります。

実際に野球肘の剥離骨折や
指の剥離骨折、足首の剥離骨折などで
当院に来院された患者さんは
病院で言われた期間よりも早く治癒しています。

テニス肘など腱や靭帯などの
軟部組織の怪我でも
早く治っている人が多いです。

色々な症状に使える治療器なので
多くの人が利用している治療となります。

>>超音波治療について

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ療法は
割と新しい治療法となります。

高電圧の電気を流す事で
通常の電気に比べると
痛みを緩和しやすくなります。

特に痛みがあり動かす範囲が
狭くなっている人には
効果が実感しやすくなっています。

例えば腰痛で前屈が辛い人に
前屈をしてもらいながら
痛みの出ている部分に当てると
徐々に前屈出来るようになります。

症状の強さにもよりますが
ほとんどの人が2,3分で
来院した時よりも動かせる範囲が広がります。

>>ハイボルテージ療法