ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰は急性腰痛症と言われます。

重いものを持ち上げた時だけでなく
腰を捻ったり、高いところの物を取ろうとしたり
重いと思って持ったら軽かったなど
はっきりしないような原因の事もあります。

くしゃみや咳などが原因の事もあるので
いつなってもおかしくない症状です。

腰の関節や周りの筋肉や靭帯などが
炎症を起こしたりして痛みが出るのですが
同じような症状にみえても人それぞれ違います。

老化、不良姿勢、腰椎に掛かる負担などが
主な原因とされています。

身体の疲れがたまっても生じますので
日頃の生活を見直すことも必要です。

ぎっくり腰の対処法は?

基本的な対処法としては「安静」です。

数日から数週間で自然に治ります。

もし、数日たっても変化がない場合は
病院で一度診てもらうと良いです。

ぎっくり腰は椎間板ヘルニアや
脊椎分離症など腰椎に問題があり
痛みが出ることもあります。

過去に調べた事がある人は良いですが
初めて腰痛になった方は調べる事で
安心感がでますのでオススメです。

とはいえ、病院にも行けないくらいの
強い痛みの場合もあります。

その際は冷却パックや氷嚢などで
患部を冷やしましょう。

10分くらいで感覚が無くなったら
一度、冷却をやめます。

また感覚が戻ってきたら冷やす
というように繰り返し行います。

3日くらい安静にしていれば
大体は動けるようになります。

動けるようになれば温めて
ストレッチを少しずつ柔軟を行い
元の状態に戻していきましょう。

当院での施術は?

当院でのぎっくり腰の施術について
簡単に説明しておきます。

初期は刺激を与えすぎると
悪化してしまいます。

ですから鎮痛目的として
電気療法とハイボルテージ治療で対応します。

マッサージやストレッチも出来ないので
超音波治療を行い硬くなった筋肉をほぐします。

症状によってはアイシングやテーピング
鍼治療を行う場合もあります。

痛みが治まってきたら
PNFストレッチや筋膜リリースで
痛みによって硬くなった筋肉を
柔らかくしていきます。

ぎっくり腰は患者さんによって
症状が違うので、施術の結果も違いがあります。

炎症があまりなく筋肉のみの原因であれば
1回の施術でよくなる事もあります。

炎症が強い場合は炎症が治まらない限り
改善することはありません。

なので、鎮痛しながら数日かけて良くなっていきます。

ただ、施術をした人としない人では
完治までの期間が変わってくるので
通院できるくらい動けるのであれば
施術を受けることをオススメします。