むちうちの原因は?

むちうちと言えば
交通事故を思い出すかもしれません。

しかし、転倒やスポーツでの衝突で
首に強い力が加わることでも
むちうちになる事があります。

首がムチのようにしなる事で
首の筋肉や靭帯を痛めてしまうのです。

首の前や後ろの痛みもありますが
肩こり、頭痛、めまい、手のしびれ
不眠、自律神経の障害など
色々な症状が出る事もあります。

基本的にむちうちは骨折や脱臼など
骨に何か傷害は出ていないので
レントゲンなどでは異常はないです。

骨以外に原因があるか調べる時は
MRIで検査を行います。

MRIで異常がなくても
症状が出ていることも多いですが
その場合は異常がないので
時期が来れば症状も落ち着いてきます。

むちうちの対処法は?

むちうちかも?と思ったら
まずは病院で診察を受けましょう。

痛みが強い時期は薬の方が
症状が楽になります。

また首を固定する装具の
カラーを装着することで
首の負担を軽減させるのも効果的です。

むちうちの70%は頸椎捻挫型という
タイプのものが多いですが
残りの30%は神経を損傷する事があります。

こういった理由から
初期は整形外科に必ず通院しましょう。

1~2週間くらいすれば
患部の炎症も落ち着いてくるので
ストレッチや首の運動を始めていきます。

当院での施術は?

当院でのむちうちの施術は
主に電気療法とPNFストレッチや
筋膜リリースとなります。

むちうちは筋肉や靭帯の損傷が多いです。

硬くなった筋肉を緩める事と
痛みの抑制に電気療法を行うことが
症状を抑えるのに効果的です。

首は頭を支えている部分ですから
普段から筋疲労が起きやすい部分です。

むちうちで首を痛めてしまうと
治るまでに時間が掛かったり
後遺症として残る理由はそこにあります。

ですから、症状が落ち着くまでは
なるべく施術を受ける事が大切です。

ただでさえ、負担が掛かる部位なのに
痛めた状態で酷使していると
治るものもなかなか治りません。

また、むちうちになると首だけよりも
背中や腰も一緒に痛めるケースが多いです。

当院では全体的にPNFストレッチや
筋膜リリースを行うことで

「怪我をする前より身体が柔らかくなった」

と喜ばれる事も多いので
むちうちになってから

「身体が硬くなった」
「筋肉が硬くなった気がする」

という感覚がある人は
是非一度、ご相談ください。