テニス肘の原因は?

テニス肘は

「上腕骨外側上顆炎」

と言われている疾患です。

肘の外側の骨の出っ張り周辺が
痛くなってきます。

骨に炎症が起きているのではなく
骨に付着している筋肉のスジに
炎症が起きています。

ですから、指や手首を伸ばす動作で
骨の付着部に負担が掛かり
炎症が起きるのがテニス肘の原因です。

この動作はテニスに多いので
テニス肘と言われています。

掃除のし過ぎで雑巾やタオルを
絞り過ぎでなる事もあります。

家具の組み立てで
ネジを回し過ぎてもなります。

ゴルフなどのスポーツでも
手首を返す動作で負担が掛かると
同様の症状が出てきます。

テニス肘の対処法は?

使い過ぎで起きている場合は
使わないように控える事が大切です。

手の甲から肘くらいまでの
背側の筋肉をマッサージして
筋肉の緊張を取るのも良いです。

手首を曲げてストレッチするのも
効果的ですが、痛みが出る場合は
痛くない範囲で行いましょう。

どうしても使わざる負えない時は
サポーターを使うのもアリです。

サポーターはテニス肘用の
サポーターをしないと
効果がないので注意してください。

痛みが酷い場合は
整形外科に受診してみましょう。

テニス肘じゃない可能性もあるので
確定診断を受けることも大切です。

当院での施術は?

テニス肘は筋肉の緊張を取る事と
患部の炎症を早く取る事を
目的として施術します。

炎症を抑える為に電気療法や
超音波治療を行います。

症状に応じて筋膜リリースや
ストレッチ、マッサージを行い
筋肉を緩めていきます。

実際にチェックしてからとなりますが
患部だけでなく肩や手首も施術し
少しでも早く回復するように努めます。

テニスなどのスポーツの場合は
その部分だけに問題があるのではなく
身体の使い方に問題がある事も多いです。

例えば、膝を痛めている中で
テニスをプレーしたとします。

すると、いつもより膝の動きが
悪くなってしまいます。

その動きの悪さを補填する為に
手首や肘に負担が掛かってきて
症状が出てきたという事もあります。

患部のみに問題が起きている場合は
そこの施術だけで良くなりますが
そこ以外に問題がある場合は
いつまで経っても良くなりません。

肘の痛みが出ている部分が
2週間以内にテニスのプレーで
生じた場合は保険適応になります。

原因不明の肘以外の症状に関しては
自由診療となります。

また、慢性的なテニス肘のや
はりきゅう治療を行う場合も
自由診療となります。

病院で通院したけど
良くならないという方は
是非、一度ご相談ください。