腰椎椎間板ヘルニアの原因は?

腰椎椎間板ヘルニアは
腰痛がある患者さんに多い疾患です。

背骨の骨は首から尾骨まであり
骨と骨との間には椎間板と呼ばれる
クッションのようなものがあります。

腰の骨は5つあるのですが
その間の椎間板がはみ出てしまうのを
腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。

背骨には神経が通っていますので
ヘルニアになり椎間板がはみ出ると
神経を圧迫してしまう事があります。

そうすると痛みやしびれ、麻痺など
様々な症状が出てしまうのです。

椎間板がはみ出てしまう原因は
衝撃や荷重が断続的に伝わる事で
椎体が劣化してしまい
はみ出てしまうと言われています。

その他としては
加齢、生活習慣、体重の負担
姿勢、遺伝、喫煙なども挙げられます。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法は?

腰椎椎間板ヘルニアは
症状が出ていなければ
特に何もすることはありません。

椎間板がはみ出ていても
神経に触れたりしなければ
痛みが出る事もないからです。

ヘルニアによる症状が強い場合は
手術などの処置が必要になります。

ただ、病院で診察を受けた時に
ヘルニアが神経に触れているかどうかは
先生が教えてくれますので
先生の指示に従うのが良いでしょう。

自分で対処できる方法としては
日常生活の見直しです。

・体重のコントロール
・禁煙
・姿勢の改善
・腰部に掛かる負担の軽減

特に反り腰や体重の重さは
椎間板に物理的に負担を掛けるので
症状の緩和に繋がるでしょう。

当院での施術は?

症状に応じて変わってきますが

・電気療法
・PNFストレッチ
・筋膜リリース

が基本の施術となります。

その他、症状や要望に合わせて

・はり治療
・ハイボルテージ治療
・超音波治療

なども行っていきます。

根本的なアプローチ方法としては
「筋肉の柔軟性」を取り戻す事です。

当院へ来院される腰痛の患者さんは

「腰椎椎間板ヘルニアで腰が痛い」

とおっしゃられる方は多いです。

そして、施術を受けてから
痛みが無くなったり
シビレが無くなる方もいます。

しかし、はみ出たヘルニアが
元に戻って改善したわけではありません。

改善した理由で考えられる事は
2つあります。

・周りの筋肉が柔らかくなった事により
神経の圧迫が減った。

・元々、ヘルニアのせいで
痛みが出ていたわけではなかった。

腰椎椎間板ヘルニアは
大体の方は腰痛がひどくなってから
レントゲンやMRIなどを撮って
ヘルニアだと知る事がほとんどです。

要するにヘルニアが原因というよりも
元々の姿勢の悪さや柔軟性の低下など
日常生活に原因があって
腰痛になっている場合も多いのです。

「姿勢が悪いからかも?」
「筋肉が硬くなってるかも?」
「運動不足かも?」

これが原因かもしれないと思ったら
是非、当院へご相談ください。