坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛は坐骨神経という神経に
何らかの刺激が加わり
その神経に沿って痛みや痺れが出ます。

一言で坐骨神経痛とまとめていますが
実際は色々な原因から生じていいますので
原因を取り除かないとよくなりません。

原因疾患で多いのは以下のものです。

腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
腰痛すべり症
梨状筋症候群

手術が必要になるほどの酷い症状は
整骨院では良くならない可能性が高いです。

ただ、中には症状が軽くなる場合もあり
良くなるかどうかは施術しないとわからない事もあります。

施術して良くなる方の傾向をみると
姿勢が悪い、柔軟性が低下している
筋肉が硬いなどの人が多いです。

特に梨状筋症候群など
筋肉の圧迫によるものに関しては
よくなる傾向があります。

坐骨神経痛の対処法は?

初めて坐骨神経痛になった方は
まずは病院に行って原因を見つけましょう。

注射や薬を貰う事で症状が軽くなる事もあります。

また、原因がわかる事で
その後の対処法がわかってきます。

原因がわからないまま
手探りで施術をしても良くなりません。

「とりあえず、マッサージに行こう」

という方もいらっしゃいますが
最初は病院へ行くことをオススメします。

以前も症状が出た事があり
原因がわかっている方は
少し安静にしておきましょう。

強い痛みの時に動いてしまうと
逆効果となり余計に痛みが出るからです。

ある程度、動けるようであれば
積極的に運動を行いましょう。

痛みが出ると筋肉は固くなるので
ほぐす必要があるからです。

ストレッチも有効ですが
神経は伸ばされる刺激に敏感なので
やり過ぎは悪化してしまいます。

ですから、痛みが出ない動かせる範囲で
たくさん動かすのがオススメです。

当院での施術は?

基本的な施術は以下の通りです。

・電気治療により血流改善と鎮痛

・ストレッチと筋膜リリースにより
身体の柔軟性を上げる

症状によってやり方は変わります。

最初は足首から股関節周辺の施術が多く
症状の改善と共に体幹部分の施術をします。

動かせない人は電気を当てながら
痛みを緩和させてストレッチを行うなど
効果的な施術方法を探していきます。

はり治療で良くなった事がある方は
はり治療も積極的に行っています。

原因は人によって様々なので
施術してみないとわかりませんが
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

施術を受けるか悩んでいる方へ

坐骨神経痛に悩んで当院へ来る方は

「ヘルニアと言われたけど
なかなか良くならない」

と言われる方が多いです。

もし、本当にヘルニアが原因であれば
ヘルニアを解決しないと良くなりません。

ですが、当院で症状が軽くなった方も
たくさんいらっしゃいます。

そういった方の原因はヘルニアではなく
柔軟性の低下の方が大きかったのです。

「ヘルニアで痛いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが
例えば、シビレや痛みを10とした場合
その痛みの原因全てがヘルニアではないからです。

ストレッチなどで良くなる方は
痛みやシビレを10とした場合

「3がヘルニア、7が筋肉の固さ」

という感じだったため
症状が良くなったという事です。

薬でよくならない場合は
筋肉に問題があるかもしれないので
お気軽にご相談ください。